Web

質問(Q&A)サイト4選!プログラミング専門teratailも!

 あなたは質問サイト(Q&Aサイト)を利用したことがありますか?質問サイト(Q&Aサイト)とはインターネット上の不特定多数の人に対して質問を公開し、代わりに有益な回答をもらえるサービスです。2000年ごろからネットの世界に普及し始めました。ユーザーの質問内容は職場での悩み、家族関係、恋愛相談、宿題解説からプログラミング系の質問まで多岐にわたります。現在サービスを展開している様々な質問サイトにはそれぞれ特徴があって、使い分けると便利かもしれません。このページではおススメの有名Q&Aサイトの強みと利用法を探求していきたいと思います。

 

Yahoo!知恵袋(全般)
teratail(プログラミング)
教えて!goo(全般)
OKWave(全般)

 

Yahoo!知恵袋

 

Yahoo!知恵袋は誰しもが知る業界No.1プレーヤーです。運営もとは『Yahoo!検索』や『ヤフオク!』、『Yahoo!ショッピング』などを展開するヤフー株式会社。2004年にサイトが立ち上げられました。

 

 分からないことをネットで検索したときに、検索結果の上位に知恵袋の質問があって解決したということも意外に多くあるのではないでしょうか。それもそのはず、知恵袋にはサイト開設以来14年の間に6億件以上の質問が投稿されているのです。扱っている分野も広範囲にわたり、特に恋愛相談はかなり面白かったりします。一部を紹介しましょう。

 

質問:明日彼女と、別れ話をする為に久しぶりに会い…
明日彼女と、別れ話をする為に久しぶりに会います。
正直僕はめちゃくちゃ彼女が好きで、向こうから振られる立場です。

出会った頃の二人に戻れたら、僕は結婚したいと思ってました。
でも、好きだけど恋愛感情はないって言われました。
僕は明日一か八か最後の賭けに出ようと思ってます。
そこで皆様にお聞きします。一か八かの賭けで、彼女に何かサプライズでも何でもいいから、しようと思ってますが、考えても良いアイデアがありません。

何かありませんかね?

これでも無理なら、諦めますが、本当最後に一か八か賭けたいんです。

 

回答
大好きな気持ちを正直に一生懸命伝えることが一番かなって思います。ありきたりの答えでごめんなさい。でもそれほどに好きでいられるのって素敵なことだと思うので。貴方は優しい方なんでしょうね。うまくいくことを心から祈っています。きっと幸せになれますよ。

 

 この例に限らず様々な質問に対して基本的にユーザーの皆さんはウェルカムです。

 

 利用方法についてはいたってシンプル。必要なのはYahoo! JAPAN IDだけです。『Yahoo!メール』や『ヤフオク!』などを使っている方ならすでに取得済みでしょう。持っていない方はコチラのページにアクセスしていただくと以下の画像のようなページに移って、簡単にサインアップできます。

 

PC

 

スマホ

 

 スマホの場合、まずはStep1で携帯の電話番号を入力します。個人情報が気になる方はすでにご自身が使っているメールアドレスで代用することが可能。パソコンの場合はどうやら電話番号もメールアドレスも必要ないらしいのでそちらがおススメです。つづいて指示に従い登録情報を入力、のちID登録完了となります。

 

 さっそくログインした状態で知恵袋で質問してみましょう!知恵袋へはYahoo!検索の以下の画像の赤枠部分からアクセスできます。

 

PC

 

スマホ

 

 少し慣れてきたら、今度は回答者側にまわってみるといいかもしれません。他のユーザーに回答してあげてベストアンサー(もっともよい回答)に選ばれると、評価のしるしとしてコインがもらえるからです。そのコインの所持枚数などによって100段階の『グレード』に格付けされます

 

 上のほうに行くとYahoo!の運営公式から認証をもらえることもあります。利用したてでそこまでいくのは至難の業ですが、知恵袋にハマったらぜひ挑戦してみてください!

 

 ただしマナーは守ったほうがいいです。多くの利用者を不快にさせたり、他者を釣るような質問・回答ばかりしていると叩かれて、時には違反報告されることさえあります。

 

 まあ普通に使っている分にはほとんど心配無用ですので安心してください。是非Yahoo!知恵袋を有効活用して、いろいろな疑問を解決させましょう!

 

teratail

 

 2つ目は2014年から稼働しているプログラミング専門teratail(テラテイル)。レバレジーズ株式会社というマーケティングや転職サービスなども手掛けるIT企業が運営しています。質問できる内容はプログラミングに限られますが、ひと口にプログラミングといってもC言語やJava、PHP、Ruby、HTML、Pythonなどがありますから、かなり幅広い分野を扱っているといえるでしょう。

 

 質問のタイトルの一部を紹介したいと思います。

 

質問1)python3系でOCRを使って画像の文字を抽出したい

 

質問2)Javeascriptの変数をphpに渡すには

 

 質問する際にはどの分野(言語)でトラブルにあっているかを知らせるために、タグ(≒Twitterでいうハッシュタグ)を付けることができます。上の質問例でしたら1番目の質問はPython、2番目の質問はPHPとJavascriptのタグをつけると適切でしょう。そうすればその言語が得意な回答者たちの目に留まりやすくなります

 

 teratailでは質問に対して回答がついて解決する率を毎日公開していて、だいたい90~92%ぐらいとなっています。IT業界の第一線で活躍されているようなエンジニアの方々も回答してくれますから、右も左もわからぬ初心者にとっては必須アイテムだといっても過言ではありません

 

 他のユーザーをフォローすることもでき、助けてもらった人をフォローしておくとよいでしょう。そうすれば次に質問するときに、そのユーザーに回答依頼を出せます。

 

 ちなみに質問しても回答してもスコアがもらえて、ベストアンサーに選ばれるとさらに多くのスコアがもらえます。一定回数以上ベストアンサーに選ばれたり、回答にいいねをもらって『バッジ』を受け取ることもできます。称号みたいな制度ですかね。いろいろと過去の自分の実績を振り返ることができて結構楽しいです。

 

 ユーザー登録は以下のリンクから。

 

ユーザー登録リンク

 

 アクセスすると次のような登録ページに移ると思います。パソコンの場合は登録情報を入力して画像の赤枠部分をクリックします。スマホの場合は画像の赤枠部分をクリックしてから情報を入力してください。

 

PC

 

スマホ

 

 こちらはFacebook、Twitter、Google、Github、Hatenaの5つの外部サービスでもユーザー登録できるので便利です。終わったらさっそく始めてみましょう!teratail.comに飛んで右上の『質問する』を選んでください。

 

 質問を投稿する際には初心者への配慮として🔰(初心者マーク)をつけることができます。これにより回答者側も相手の力量がわかって丁寧な答えを心がけてくれるでしょう。コインを多く獲得して一人前となるまでは初心者マークは重要です。

 

 

 マナーも少し知っておきましょう。teratailを使うときはまず何事も調べてから。それでもわからない時にだけ質問するようにしなければなりません。teratail公式のキャッチフレーズにも『15分調べても分からないことは、質問しよう!』と書いてあるからです。わからなければ即質問というのを繰り返すと、質の悪いユーザーとみなされてしまいます

 

 そもそもプログラミングに挑戦する際の心構えとして、トラブルに対応したり粘り強く調べることは必須条件。そうでなくては問題解決能力が身に付きません

 

 初心者のうちは必須アイテムとして、慣れてきたら補助アイテムとして、teratailでスキルを向上させましょう!スキルのあるエンジニアを目指してください!

 



 

教えて!goo

 

 次に紹介するQ&Aサイトは教えて!goo。検索サイトの『goo』や『gooブログ』などのサービスを持つNTTレゾナントが運営元です。こちらは月間500万人以上が利用する大きなサイトであり、基本的にカテゴリがYahoo!知恵袋と同じく全分野にわたります。知恵袋よりも優れている点としては

  1. 質問の有効期限がない
  2. 動画が添付できる
  3. gooの担当者が常に動向を監視している

が挙げられるでしょう。

 

 1の有効期限について、gooには回答期限がないおかげでいつまでも回答を募集できます。ここが回答期限が7日と決まっている知恵袋と異なる点。ただし期限がないと質問の放置につながることもあるので、一概に素晴らしいとまでは言えないかもしれません。どちらを選ぶかは自由です。

 

 2の動画の添付について、多くの質問サイトでは実は添付させられるファイルに制限があります。ユーザーが質問と直接関係のないファイル(個人的な動画やアダルト画像など)を載せる『荒らし』行為をはたらいたり、サイズの大きいファイルでページの読み込みが遅くなるのを防ぐためです。

 

 知恵袋でも過去に大量の画像を載せる荒らしが頻発したので、現在では1質問あたり画像1枚と決まっています。動画は使用できません。それに比べてgooでは動画可です。

 

 添付ファイルの制限が緩いのは3の担当者の監視によるところが大きいでしょう。少しでも迷惑行為や規約違反が見つかれば厳正に処分されます。運営側も相当な覚悟でサービスを提供しているのです。個人的にはこうした規制のおかげで質の悪いユーザーが少なく、使いやすい気がします。

 

 教えて!gooの利用方法は簡単。コチラからgoo IDを取得すればメールも同時に使えます。すでにあるYahoo! JAPANやGoogle、Facebook、Twitterのアカウントでも登録もできますし、新規取得も可能。登録ページに移ると以下のような画面となりますので、順序に従って登録情報を入力していきましょう。

 

PC

 

スマホ

 

 教えて!gooの利用開始にはwww.goo.ne.jpにアクセスして、下にある画像の赤枠部分をクリックします。

 

PC

 

スマホ

↓↓↓

 

 知恵袋には利用者数で負けていても意外と使いやすさNo.1かも!?興味があればぜひ活用してみてください!

 

OKWave

 

 最後の紹介はOKWave(オウケイウェイヴ)。株式会社オウケイウェイヴが運営しています。会員数は250万人。

 

 つい5年ほど前まで教えて!gooと提携関係にあったサイトで、他のQ&Aサイトにも自社のシステムを提供しています。

 

 ユーザー同士が回答・質問できるようにするシステムを構築するのはとても大変なことです。特に小さなサイトだと、仮にシステムを作っても維持するのが大変なので、OKWaveが提供するシステムを借りれば安くつくというわけです。他のサイトにシステムを貸しているということで、OKWaveはもしかすると知恵袋よりも影響力があるかもしれませんね。

 

 取り扱うカテゴリはすでに紹介した知恵袋と教えて!gooと同じく全分野です。個人的にはパソコンに搭載されているソフトの操作方法や、職業資格に関する疑問など、まじめな問いにも回答が付きやすい気がします。

 

 利用するのに必要なのは簡単な無料会員登録だけ。PCの場合ははコチラ、スマホの場合はコチラにアクセスしましょう。以下のような画面になると思います。

 

PC

 

スマホ

 

 ここでもFacebook、Twitter、dアカウントで登録できます。新規取得するという方のみ情報を入力して済ませて下さい。利用開始はokwave.jpからです。

 

 OKwaveにはAI(アイ)という名前のAI(人工知能)エージェントがいて、ユーザーの疑問に対して最適な解答例を探してきてくれます。会話が自然にできるか試すために「出身地は?」と聞いてみたところ「OKWave AI Lab出身です。」と返してくれました。しっかり成立していると思います。

 

 こうした先端技術も導入しているOKWave。ぜひ試してみてください!

 

まとめ

 いかがでしたか?質問サイトにはこれら4つ以外にも色々種類があってとても奥が深いです。自分で質問しなくとも眺めているだけで楽しめる。そんな質問サイトはネットの世界に欠かせません。これを機により多くのことを知っていただけたら幸いです。