Blog

広告で稼げるブログを書く方法・目指すべきブログ像【初級・中級編】

ネット副業が広まりつつある昨今では、ブログを収益化することが最も始めやすいステップの1つでしょう。自身で書いた記事をたくさんの人に読んでもらえれば、ネット広告やアフィリエイトで収益を上げることができます。プロのブロガーになると月100万円以上稼ぐ人もいますから夢がありますよね。一方で多くの人に読まれる記事を書くこと自体が難しく、大多数のブロガーは成功しているとは言えません。

「いかにして記事を読んでもらうか」

「どう収益化するか」

「どんなブログを目指すか」

もやはこの分野の人にとって永遠のテーマとなりつつある課題について提言いたします。いろいろ書きたいこと詰め込んだため長文となってしまいましたが、何かヒントを拾ってもらえたらと思います。

ブログ収益化のためのツール
どんなブログを目指すか
稼ぐ記事を書くテクニック

ブログ収益化のためのツール

まず初めにこれからブログを始めるという方のためにそろえておきたいツールを紹介します。すでにサーバー、ドメイン取得、Wordpress、Adsenseの承認等が済んでいる方は読み飛ばしてもらって大丈夫です。

ブログ開設の方法は大きく分けて以下の通り。

  • 無料ブログサービス
  • WordPress

無料ブログサービスには有名人がよく使う「Ameba ブログ」や「はてなブログ」、「Livedoor ブログ」などがあります。メリットとしてはユーザー登録だけで使えるところ。

対してWordpressでは、サーバーをレンタルするなどの手間が発生するかわりに自由度の高い設定・デザインができます。個人的にはWordpressを使うほうを推奨するのですが、それぞれの特徴は以下にまとめましたので比較してみてください。

WordPressと無料ブログサービスの優劣を比較

収益化に欠かせないネット広告についてはGoogle Adsenseから始めるのが王道でしょう。こちらも利用方法と承認に必要なことを話せば長くなるので以下をご覧くださいませ。

Adsense(アドセンス)で始めるブログ収益化

以降はこれらの下準備が終わった段階から話を進めていきます。

どんなブログを目指すか

ブログを運営するにあたって、ユーザーの目に留まる記事を書く細かいテクニックの前に運営方針や目標を設定しておきましょう。コアの部分が固まっていなければ途中で行き詰ります(体験談)。

最初はどんな姿勢で記事を書くかについて。タイトルで「稼げるブログ」と銘打っておいてどうなのかと思いますが、文章を書くに際は読者を楽しませることが第一で、お金のことは二の次です。読者あってのブログですので相手の気分を汲み取ることなしには高確率で失敗します。

お金は欲しいけどお金のことを考えすぎてはいけない。いきなり難敵登場です。

例えばネットでやたらと長いサービス紹介を見たことはありませんか?

「○○○にはこのサービスが一番!とても使いやすくて絶対におススメです。あなたの日常が変わるかも!?無料会員登録&お試し期間もあり!満足度も抜群だから後悔しない!本当におススメです。やはりこのサービスにに限ります。コチラから登録手続きのページへアクセス!」

とてもうまいことを言っているようで実は同じ文言の繰り返し。「すごい」、「抜群」、「絶対」といった最上級の言葉が並びます。こういうのは化粧品とか有料動画配信サービスの紹介に多めですね。

たいていこのようなサービス紹介を書くのはアフィリエイターたちです。商品を宣伝してユーザーがそれを購入すれば仲介料をもらえる仕組みとなっています。その仲介料のために必死に宣伝するわけです。彼らは生活のためにやっているので頭ごなしに否定するつもりはありませんが、少ししつこいと思いませんか?

ユーザーは何か生活に不便な点があってそれを解決するためにネットの意見を “参考” にしようとしているのです。それなのに「すごい」「最高」みたいな良い側面だけを伝えるフレーズで購入まで押し切られては、不愉快な気持ちになる人もいるでしょう。

筆者もアフィリエイトに参入しているものとして読者を強引に誘い込まないよう気を付けています。どちらかといえば「その問題点にはこういう選択肢(サービス)もあるけどどう?」みたいなノリでソフトにやるほうが受けがいいですからね。トップブロガーの記事を見ていても柔らかい紹介が多いのでマネしてます。

ほかにはGoogle Adsense(アドセンス)を代表とするクリック型広告の配置にも問題が起こりやすいので注意してください。記事中に広告が多すぎて読みにくいページを見たことがあるのでは?

せっかく読者が文章を読もうとしてくれているのに邪魔するなんてもったいない!ほとんどの読者の意識は広告ではなく内容のほうに向いています。むしろ広告に注意を向けさせようとするのは読者に対して失礼ではないかと思うくらい。

ブログに対する考え方には個人差があるとはいえ、読者第一は最低限のマナーです。収益にこだわりすぎないこと、読者の気分を害さないことを是非心にとめておいてください。これを確認したうえで次の設定に移ります。

次にやるのはブログのテーマを決めること。旅、グルメ、金融、美容、健康、IT、基本的にどれでもOK。興味があって長続きしそうなものを1つ選ぶのがいいです。

興味がないと記事にするネタが尽きてマジで挫折します。逆にネタ尽き対策でテーマを複数取り扱うのは検索エンジンからの評価がよくないみたい。検索エンジンに評価されて初めて検索結果の上位に表示される→記事がユーザーの目に留まるとなります。どうしても複数やりたいときでも、似通った分野同士にとどめておきましょう。

もっとも、興味がるテーマでも知識がなければなりません。あるいは今知識がないとしても、ブログを更新する過程でネット検索や本を使って情報収集する必要が生じます。情報がなければやはりネタ尽きになりますから。ブログを継続するには「興味がある」と「知識があるor情報収集力がある」を覚えておくと楽しみながら書けますよ。

最後に「ブログの著者」としての自分のキャラ像を打ち出してみましょう。無料ブログサービスにしてもWordpressにしてもプロフィール欄を設定できるはずです。そこに風景写真でもアニメのイラストでもいいのでアイコンを設定すると、読者の中に何となく記事の向こうにいる著者(ライター)の輪郭が浮かび上がってきます。

ブログに簡単な自己紹介を掲載したり、記事の中の語尾を統一するのも手でしょう。常に「~です。~ます。」を使えばまじめな印象で、「~だ。~である。」を多用すれば文豪感が出ます。

まあ自分を一切隠しつつ執筆するのもいいですが、個人的には無機質なサイトよりも人の気配が感じられるほうが読みやすいと思います。あまりにアピールしすぎるとそれこそプライバシーの問題もありますのでほどほどに。

ここまでがブログ運営の大枠についてでした。以上全てをまねする必要はありません。自身に合ったかたちに還元して利用してみてください。

稼ぐ記事を書くテクニック

ここからは良質な記事を作るテクニックを紹介していきます。できるだけナチュラルな印象の記事になるよう心がけてみました。

1.文字数

文字数は文章全体の長さに直結するので結構気を遣うところ。ネットで検索すると「1記事最低1000文字」、「いやいや2000文字」など出てくると思いますが、本当のところはどうなのでしょうか?

結論から言えば “それなりの長さ” がいいでしょう。最低1000文字はアドセンスに合格するための必須ラインです。2000文字ぐらいだと検索エンジンに評価されやすくなるよう。検索エンジンの評価項目は200個以上あるのでただ長ければいいわけでもないですが、必ずアドバンテージになります。

では3000文字以上は?これはちょっと微妙ですね。皆さんは検索結果で上のほうにある記事を読むと、最初は面白かったのに長くて飽きてしまったという経験はありませんか。

実はスマホやパソコンを使っている人は、できるだけ手短に重要情報にアクセスしたい心理が強く働いているといいます。つまり、できるだけ検索エンジン向けには文字数を多くしつつ、ユーザーをじらさないような文字数を探せばよいのです。今までの経験則に基づくとその文字数は2400~2600字

これを読むのにかかる時間は大体3~4分ですかね。5分を超えるとまわりくどく感じられてしまうので丁度いいと思います。とか言いつつこの記事余裕で5000字オーバーしてますが、それもこれも要素をたくさん盛り込んだため。許してください。

2.画像の枚数

文字と同じぐらい大切なのが画像です。記事に使う枚数はほどほどがいいでしょう。

まず連続して使う場合は、3枚以上連続すると細かく見るのが面倒なので上限2枚。あと画像を意味ないところで使うのもナシ。記事の中でも話の抽象度が高い部分で場面をイメージする手助けにしましょう。

テーマのまとまりごとに挿入するのもいいですね。400~500文字に1枚で2400~2600文字中に計5~6枚となります。10枚以上だと一概に悪いとは言えないのですが、ページの読み込み速度的に良心的じゃありません。Wifiビンビンの場所なら問題ないにしても、ちょっとした人混みや逆に遠隔地では障害になる可能性があります。

また、大量の画像の用意にはそれなりに手間がかかります。一から自力で作るのはもちろんのこと、ネットからフリー画像を引っ張ってきて加工するのも意外と大変。以上の観点から適切な枚数はそのぐらいでしょう。

3.アドセンス広告の配置

来ました最大のヤマ場。というかメインテーマ。まず、前提としてアドセンスがどの程度収益を上げるのか知っておきましょう。アドセンスはユーザーがクリックするたびに平均約30円の報酬が発生するクリック型広告。

そのクリック率(クリックされる割合)は約1%と言われているので1000人、1万人とくれば

  • 1000人 × 1% × 30円 = 300円
  • 10000人 × 1% × 30円 = 3000円

ぐらいの割合です。1%って意外と厳しい数字…。でも文章のどこに広告を配置するかで値が大きく変わってくるのをご存知ですか。

このサイトの記事で、記事のはじめ、真ん中、終わりの3か所に置いて検証してみました。以下はここ1か月で計測したデータです。

  • 最初 … 0.51%
  • 真ん中 … 0.34%
  • 最後 … 1.23%

見てみると最後が圧倒的に高いです。考えられる理由は記事終わりだと、これ以上読むものがないので広告に目が向きやすいということ。最初や真ん中だとこれから内容を読む段階なのでスルーされやすいのでしょう。

だいたい記事を書くときって結論を後ろのほうに持ってきますよね。読者もその結論が気になるのです。なのでより多く稼ぐには記事最後にアドセンスを集中させましょう。

あと、単純に1ページあたり何枚までならアドセンスを貼り付けるべきでしょうか。つい数年前まではGoogleが公式に「1ページ3つまで」と制限していたのですが、現在はそれが廃止されました。これをどう受け止めるか。

制限がなくなったのはもっと広告を載せていいというGoogleからのメッセージだという意見もあれば、多すぎると検索順位が落ちてしまうという意見もあります。アドセンスの密度が高すぎると検索エンジンからの減点対象であるのは確かなよう。理由はユーザーフレンドリーじゃないからです。

アドセンスもGoogle検索もどっちも同じ運営元なのに面白いですね。実際は社内の運営チームが別なのですが。

まあ何枚貼ろうと記事最後の効果は絶大なので、そこを重点的にやってみてください。ほかの場所もにも配置しておきたいという方は、参考までに800字ごとに1枚と考えて差し支えないでしょう。

4.数値を入れる

あまり紹介しているサイトが少なくて確固たる証拠はないのですが、密かに検索上位に欠かせないと思うのが数値を使うことです。1個前のアドセンスの配置場所についてのところで、%(パーセント)を用いてデータを示しました。こういった具体的な値は意外と評価されてます。

このサイトには1900字程度で検索順位トップ3常連の記事もあれば、3000字以上で30位台に沈んでいるものもあります。ほかにも2600字で常時1位もページもあって、これらの違いは何かと比較してみました。すると上位のページには必ず%付きの数値があって、下位のページには1つもありませんでした。

もしかすると先ほど紹介した文字数(2400~2600)より数値のほうがも大切かもしれません。~%~人~円~kg、などなどどれでもいいので入れてみてください。読者向けにもわかりやすくなると思います。

5.文章にアクセントをつける

収益を上げる対策を盛り込んだら、文章自体も改善していきましょう。一生懸命に記事を書いていたら「~です。~です。~です。」とか「~ます。~ます。~ます。」になってしまっていませんか?語尾がそろっていると、はっきり言って単調です。

「~です。」と「~ます。」を交互に使ったとしても語尾が「す」になって読みづらさに変わりはありません。なので疑問形(~か?)、否定形(~せん。)、過去形(~た。)、推量形(~でしょう。)、体言止め(~名詞。)をうまく使い分けるといいと思います。検索エンジンが大きく評価してくれるポイントではないかもしれませんが、最後まで読んでもらえる記事となるはずです。

また段落ごとに区切ることも大切!2000字以上に及ぶ文章に全く段落がないと、難しい論文よりも読む気が失せますよね。

どの程度の文字数で区切りを入れるかは2~4文に1回を目安にしてください。大体のサイトがこの形式を採用していますよ。

まとめ

以上長くなってしまいましたが収益を上げるブログのテクニックを紹介してきました。すごく簡単にまとめると次のようになります。

  1. 読者が第一、お金は次
  2. 興味がある&知識があるテーマを選ぶ
  3. 自分のキャラを打ち出す
  4. 文字数は2400~2600字
  5. 画像は400~500字に1枚
  6. アドセンスは800字に1つ(記事最後が最強!)
  7. 具体的数値を使う
  8. 語尾にアクセントをつける
  9. 2~4文ごとにに段落を区切る

これ以外に新しいテクニックを発見した方はぜひご連絡ください!まだまだこの記事は進化していきます。